創業 大正8年

Founding of Hirata Tile Co., Ltd.

株式会社平田タイルは1919年に京都で創業。

江戸時代の初代当主・丸一屋 伊右衛門の屋号に由来する「丸一屋 平田タイル」を名乗り、茶碗などの食器を扱う「平田屋 陶器店」の建築陶器部としてスタート。

建築用陶磁器、タイル、トイレ等の衛生陶器を取り扱いはじめました。

当時は、タイル張りの流し台・タイル張りのお風呂・タイル張りの洗面台というように、「タイル=水まわり」といった風潮から、社名にタイルと付いてはいますが、当初よりタイルと水まわりの専門店として幅の広い商材を取り扱い、その名を徐々に知られていきます。